【羅盤】は使っておいて損はないよというお話【シノビガミ】

早くもネタ切れが著しいのでもうさっさとジョーカーを切ってしまおうとなったこの頃。というわけで【羅盤】である。今日も今日とてゆるゆると駄弁っていこうと思う

~結論~
プロットに乗るだけで回避-1と射撃戦+1!強い!

              終
            制作・著作
            ━━━━━
             ⓃⒽⓀ


~まじめにやります~
ハイすんませんした。ではなにゆえこの忍法の一見を勧めるかということになるが、それは何よりもそのわかりやすさと強さである。【羅盤】を3プロか4プロに置いて適当な間合い3以上(【千矢】とか【血旋渦】とか【集団戦攻撃】とか)の攻撃忍法を振り回してるだけで割と形になるし、考えることが少ないので初めたての方に大いにお勧めできる。末裔で汎用的に持ってこれるというのもグッドだ。ぶっちゃけ小生も真面目に構成組んでる時ですらこの忍法には世話になるし、余った忍法枠にぶち込むのも良い考えだろう。一つの忍法で、打点を上昇し回避-を盛れる忍法というのは希少であるということも、その強さに拍車をかけている(その他にパッと思いつくのは【紅衣】ぐらいだが、そんな忍法ゴロゴロあったら寧ろ困る)。小生ぶっちゃけ変に構成こねくり回してようわからんことになるくらいだったら単純に羅盤千矢風饗+適当な打点忍法とかやってるだけで雑に強いと思う

~でめりっと~
例によって上げてから下げる吉本スタイルでお送りしていくが、プロット移動したら極端に弱体化する為、基本的にプロットを動くことができないというのが最大のデメリットと言える。このデメリットが顕著に実感できるのは多分、協力型ではなくPC同士で対立した時だと思われる。ボス戦と違って、キャラパワーを押し付けていれば勝てるというよりは、読み合いや駆け引きなどと言った要素が重要になってくるので、プロットを読まれるというのはそれだけで不利になってしまう(射程低下のクリヒをぶちあ当てられたりとか、先手を取られて特技を潰されたり【崩落】を打ち込まれたりだとかなど、不利になる状況は様々だ)。これを許容するか、それとも悪手と見るかは人によりけり(絶対的な正解は無いと前置きする)だが、こういったことも頭にいれて忍法構成をエンジョイしてもらえたらと思う

~まとめ~
デメリットのところで書いてしまったので、昨日食ったエビフライが美味かったという感想で締めくくりたく候

コメント